【格安スマホ初心者向け】SIMカードのタイプの選び方

SPONSORED LINK

格安SIMを利用するとき、SIMカードのタイプが複数あり、どれを選べば良いか悩んでしまうということはありませんか。

使い慣れた人には当たり前のことかもしれませんが、初めて格安SIMを使う人にとっては、何から何まで初めてのことばかりですので、そのような人のために、各SIMカードの特徴についてまとめてみたいと思います。

 

SIMカードのタイプ

SIMカードのタイプには、概ね次のような種類があります。

【SIMカードのタイプ】
①データ通信のみ(SMSなし)
②データ通信のみ(SMSあり)
③音声通話対応

 

通常①→②→③の順番に月々の利用料が高くなって行きます。

金額の違いとしては、データ通信のみ(SMSなし)が一番安く、それに加え、②「SMSあり」にすると大体+150円程度、③「音声通話対応」にすると大体+700円程度が目安となります。

「SMSなし」「SMSあり」とは?

SMSとは、ショートメッセージサービスのことです。

電話番号で、メールのようにメッセージの送受信が行えるサービスです。

基本的に、SMSを受信する場合には料金はかかりませんが、SMSを送信する場合には数円の送信料金が発生します。

どういう場合に「SMSあり」を選ぶ必要があるのか?

では、月額150円程度の追加料金を払ってまで、「SMSあり」にする必要があるのでしょうか?

①SMSを連絡方法として使用したい場合

相手のメールアドレスが分かっていれば、メールで連絡をすることができます。

 

しかし、電話番号しか知らない相手に対し、電話をするまでもないが、何かメッセージを送りたいという場合は、SMSを使用してメッセージを送るという方法が可能となります。

 

この点、電話番号が分かっていればLINE等のアプリによってもメッセージを送ることが可能かもしれませんが、相手がそのアプリを利用しているということが必要ですので、確実な方法ではありません。

地震等の災害時に、電話が繋がりにくいときでも、SMSはそれほど影響を受けにくいため、緊急連絡方法として備えておくという使い方ができます。

私の職場では、地震等の非常時の連絡方法として、SMSによる方法が定められています。

②SMS認証で使用する必要がある場合

LINEアプリやその他のサービスを利用を開始する際に、本人確認として、SMSを使用した認証が必要となる場合があります。

例えば、LINEアプリを使い始めるとき、最初の設定で、LINEからSMSで認証番号が送信され、そこに表示された認証番号を入力しないと先に進むことができません。

 

SMS以外での認証方法が設定されているサービスであれば、SMSは必須ではありませんが、多くのサービスでSMS認証が要求されていますので、SMSが使えた方が便利なことは間違いありません。

③セルスタンバイ問題への解消

現在販売されている端末では対策が施されていることが多いと思いますが、以前は、「SMSなし」にすると、セルスタンバイという問題が生じることが多くありました。

 

セルスタンバイ問題とは、細かい説明は端折って、ものすごくザックリ説明すると、スマホの電池の減りが極端に早くなってしまうという症状のことです。

そうなってしまうと、朝スマホの充電を満タンにして外出しても、あっと言う間に電池が減っていき、酷いと、昼にはほぼ充電がなくなっているということさえありました。

 

回避するための方法は色々と考えられていましたが、いずれにせよ不便な使い方を強いられたり、電池の心配をしなければならなかったりしますので、「SMSあり」にするという方法が、一番簡単で手っ取り早い方法とされていました。

「SMSなし」で問題ない場合

モバイルルーターで使用する場合

モバイルルーターに入れて格安SIMを使用する場合には、「SMSなし」で全く問題は生じません。

モバイルルーターに入れて使用する場合は、そもそもSMSを使用できませんので、付けるだけ無駄ということになります。

タブレットで使用する場合

タブレットでは、基本的にセルスタンバイ問題は生じませんので、前に説明したとおり、SMSを連絡方法として利用したい場合やLIENやその他サービスでSMS認証を使用する必要がない場合には、「SMSあり」にする必要はありません。

「音声通話対応」にする必要はあるか? 

よく電話をかけるという場合は必須

電話を使いたいと考えている場合は、「音声通話対応」にする必要があります。

 

基本的に、格安SIMには無料通話は付いていませんので、電話をかけた分だけ通話料が発生します。

そうすると、たくさん電話をかけることが多い人は、格安SIMにしても、通話料が上乗せされることで、それなりの電話代がかかることになりかねません。

 

そのような場合は、通話定額オプション(月●円で1回10分まで回数無制限で通話できる等のサービス)を提供している格安SIMを選ぶ必要があります。

「あまり電話は使わない」という場合は必須ではない

あまり電話は使わないという人も、ほとんどの人は、電話自体は使える状態にしておくために「音声通話対応」を選んでいるのではないでしょうか。

 

確かに、「音声通話対応」にしておけば、何も考えず電話を使用することはできますので、何も考えたくない人は、「音声通話対応」にしておきましょう。

 

しかし、「音声通話対応」でなくても、工夫をすることによって、音声通話をする方法はあります。

 「データ通信」で音声通話をする方法

「音声通話対応」の問題点

「一応電話は必要だけれども、あまり使用しない」、「電話は待ち受けだけで、自分からはほとんどしない」という人も、月額700円程度も高くなってしまう「音声通話対応」にする必要があるでしょうか?

 

そもそも、この月額700円程度というのは基本利用料のみで、無料通話は付いていません。電話を使用した利用した更に料金がかかります。

あまり使わない音声通話のために、毎月700円以上多く支払うのは、もったいないのではないでしょうか?

「データ通信」で音声通話をする方法 

「じゃあ、もし電話を使用する場面が生じたらどうするの?」と考える、心配性な方もいると思います。

 

実は、「データ通信」しかできないSIMカードでも、音声通話をする方法があります。

それは、IP電話を使用するという方法です。IP電話とは、インターネット回線を利用した電話のことです。このIP電話では、インターネット回線さえ使用できれば通話ができますので、「音声通話対応」ではなくても電話をすることができます。

IP電話のデメリット

IP電話は、インターネット回線を利用した電話のため、通話品質は、インターネット回線の品質に大きく影響されます。

光回線等の固定回線で利用できれば、それほど通話品質の心配をすることはないと思いますが、格安SIMの通信速度や安定性は、固定回線に大きく劣りますので、格安SIMで快適にIP電話を利用するには、設定等を試行錯誤して細かなチューニングが必要となりますし、チューニングをしてもやはり通話品質には限界があります。

音声にノイズが入ったり、会話に遅延が生じたりする可能性がありますので、スムーズな会話をすることができない場合があります。

 

そのため、一般に、IP電話は通話品質が悪いとされ、まだあまり仕事等での使用はされていません。仕事でも電話を使用するという方は、「音声通話対応」にしておく方が無難かと思います。

 

もっとも、あまり電話は使用しないという方は、IP電話で十分なことが多いですし、友達や家族等の親しい知り合いとしかやり取りをしないという方は、多少通話品質が悪くても問題ないことが多いと思います。

 

とすれば、「もしかしたら電話を使うかもしれない」という程度の方は、毎月700円以上も無駄に支払って「音声通話対応」にしなくても、IP電話を使用することにより、格安SIMを更に格安に使用することができるのではないでしょうか。

 

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!