【楽天モバイル】スマホを月額645円で使用する方法

SPONSORED LINK

スマホを月額645円で利用する方法

 スマホを月額645円で利用する方法とは、楽天モバイルの格安SIMを利用する方法です。

 「楽天モバイルの格安SIMなんて既に知っているよ」という方もいると思いますが、月額645円というのは初耳だという方が多いのではないでしょうか。

 では、どのようにすると月額645円になるのか説明していきます。

そもそも格安SIMとは?

SIMカードとは?

 SIMカードとは、スマホに挿入されている通信を行うためのカードのことです。

 通常、ドコモ等でスマホを購入する際、一緒に契約をしています。

格安SIMとは?

 格安SIMとは、ドコモ等の大手通信キャリアから回線を借りることによって、通信費を安く提供しているSIMカードのことです。自社で通信設備を整える必要がないたに、通信費を安く提供できるのです

 今使っているスマホのSIMカードを、格安SIMに差し替えることで、月々の利用料を大幅に安くすることができます。

楽天モバイルの格安SIM

 格安SIMを提供している会社はたくさんあります。

 各会社で提供している料金やサービス内容が異なりますので、それぞれの違いを比較し、自分に合った会社を選ぶ必要がありますが、初めてだとどこが良いのか迷ってしまうと思います。

 なかでも、楽天モバイルのあるプランを選択すると、スマホを月額645円で使用することができます。

 楽天モバイル自体は、テレビCM等もたくさん流れているので、すでにご存知の方も多いかと思います。

選択すべき料金プラン

 楽天モバイルの料金プランには、次のとおり、「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」という2種類の料金プランがあります。

 料金ページ

 月額645円でスマホを利用するためには、そのうち、「組み合わせプラン」「050データSIM(SMSあり)」「ベーシックプラン」を選択する必要があります。

 なお、「ベーシックプラン」は高速通信容量がないプランですので、「もう少し高くても良いから高速通信を利用したい」という場合は、高速通信があるプランにすると良いと思います。

音声通話の方法

050データ通信SIMのデメリット

 「050データ通信SIM(SMSあり)」というプランは、電話回線が付いていないため、電話回線を利用した音声通話をすることができません。

 それでは、どうやって電話をするのか?

 それは、IP電話を利用するという方法で、音声通話をします。

IP電話とは?

 IP電話とは、インターネット回線を利用した電話のことです。

 IP電話サービスを提供している会社には、いろいろとありますが、有名なところではLIEN電話やskype等がIP電話です。

IP電話を電話回線と同じように使用するためには

 IP電話にもそれぞれ違いや特徴がありますが、通常のスマホと同じように通話をするために必要なこととしては、

 ①発信ができる

 ②着信ができる

 ③遅延が少ない

 ④通話品質が良い

ということが必要となります。

以上に加え、格安で利用するためには

 ⑤基本使用料がかからない

ということも考えなければなりません。

Viberの利用

 以上のすべての条件を満たすIP電話としては、Viberが適任だと考えます。

 LIEN電話では電話番号の割当がないため、一般の電話から②着信をすることができません。skypeは基本料金が発生しますので⑤基本使用料がかからないという要件を満たしません。

 あまり知られていませんが、Viberは楽天グループで提供している無料通話&メッセージアプリで、LIENとほぼ同じような使い方ができます。

 このViberがIP電話の中では特に遅延が少なく、通話品質もよく、電話回線を利用した通話と遜色なく利用することができます。

Viberの注意点

 IP電話にはViberが適任と書きましたが、これは楽天モバイルで「050データSIM(SMSあり)」で契約した場合のみです。

 楽天モバイルの「050データSIM(SMSあり)」で契約した場合のみ、電話番号の割当がされ、一般の電話から着信をすることができます。それ以外でViberを利用する場合は、電話番号の割当がないため、一般の電話から着信をすることができませんので注意が必要です。

楽天モバイルの通信速度

低速モードの速度

 楽天モバイルの低速モードの通信速度は、他の格安SIMと同様200kbpsです。

 200kbpsがどのくらいの通信速度かと言うと、メールやIP電話を利用するには全く問題ないくらいの通信速度です。

 画像が多いサイトでは、表示に多少時間がかかるかもしれませんが、文字中心のサイトでは、それほど表示に時間はかからないというくらいの速度です。

低速モードでの動画は厳しい

 200kbpsの通信速度ではYou Tube等の動画を見るには、読み込みに非常に時間がかかり適していません。最低画質であれば見れないこともないかもしれませんが、動画を見たい場合は、wifiを利用するか、高速通信があるプランを契約しましょう。

プラン変更

 楽天モバイルでは毎月1回料金プランの変更ができます。

 初めは一番安いプランから初めてみて、高速通信が必要だと思った場合は、後からプラン変更をすることもできます。

mineoではなく楽天モバイルを選ぶ理由

mineoでも同様の利用が可能

 mineoでも、データ通信プランでSIMカードを契約し、mineoで提供しているララコールというIP電話を使用することにより、上記楽天モバイルと同様の方法で使用することができます。

mineoのデメリット

・楽天モバイルよりも料金が高い。

 楽天モバイルでは、上記方法で月額645円〜なのに対し、mineoでは月額800円〜となっています。

・ララコールの通話品質

 ららコールはViberと比べて遅延が大きく、衛星電話のようになってしまい、通常の電話と同じように使用することが困難です。