過小評価されている?OCNモバイルONEの格安SIMの良いところ

SPONSORED LINK

OCNモバイルONEの格安SIMをご存知でしょうか?

 

OCNモバイルONEは、格安SIMの超大手老舗です。

しかし、他社に比べて何だか地味な印象を持っているのは私だけでしょうか。

 

よく広告を目にする、mineoはポップな感じで若者受けしそうな広告です。

楽天モバイルはスタイリッシュな感じを醸し出しています。

 

それに比べてOCNモバイルONEは・・・。

ホームページを見ても何だかお堅い?

 

運営会社がNTTグループだから堅実な感じを出しているのでしょうか?

一時期マツコデラックスを広告モデルに使用してテレビCMを流していましたが、そのCMも派手さに欠けた何だか地味な印象だった気がします。

 

NTTブランドに大きな魅力を感じる親世代にとっては、堅実さが売りになるのかもしれませんが、新しい物好きな若者にはイマイチアピールが足りていない格安SIMではないでしょうか。

 

そんな地味な印象のOCNモバイルONEですが、もっと評価されて良い!と思うところがたくさんあります。

ご紹介したいと思います。

他社にはない料金プラン

多くの格安SIMの料金プランは、「高速通信容量●BGで月額●円」というように、1ヶ月単位で高速通信容量が決められています。

 

それに対し、OCNモバイルONEは、他社と同様の1ヶ月単位での料金プランも当然ありつつ、1日単位での高速通信容量が設定されているプランが存在します。

 

この1日単位で高速通信容量が設定されているプランが、格安SIMを利用する上で、良いとこだらけです。

1日単位プランの高速通信容量

【1日単位の料金プラン(データ通信SIM)】
1日110MB:900円
1日170MB:1380円

(参考)
【1ヶ月単位での料金プラン(データ通信SIM)】
1ヶ月3GB:1100円
1ヶ月6GB:1450円

 

1日110MB、1ヶ月31日として高速通信容量を計算すると、1ヶ月当たりの高速通信容量は、3.41GBということになります。

【計算】110MB×31日=3.41GB(1ヶ月) 

 

1ヶ月30日として計算しても、3.3GBになりますので、1ヶ月単位のプランよりも高速通信容量が多くなる計算になります。

1日単位プランでの月額料金

【1日プランの月額(データ通信SIM)】
1日110MB:900円
1日170MB:1380円

(参考)
【1ヶ月単位プランの月額(データ通信SIM)】
1ヶ月3GB:1100円
1ヶ月6GB:1450円

 

なんと、上記のとおり、1日単位プランの方が、1ヶ月単位プランよりも、高速通信容量が多くなっているにもかかわらず、料金が安く設定されています。

 

これは推測ですが、おそらく1日単位で高速通信容量を設定した方が、会社側からすると、通信品質の管理がしやすいためではないかと考えます。

つまり、1ヶ月単位で高速通信容量が設定されると、利用者は1ヶ月のうちの好きなときに自由に高速通信をすることができますが、それにより、ある時期・時間に利用者が集中して回線が込み合うと通信速度が低下してしまいますので、そのような状況にも対応できるよう会社としては回線を準備しておかなければなりません。それを1日単位で分散させることにより、回線の利用状況を予測しやすく、通信品質の管理がしやすくなっているのではないでしょうか。

毎日高速通信ができる。

1ヶ月単位で高速通信容量が設定されていると、通常、月初めに高速通信容量が付与されます。

この高速通信容量を、毎日少しずつ使用していくことになりますが、スマホをハードに使用していると、あっと言う間に高速通信容量がなくなり、月の途中ですぐに速度制限がされてしまうことがあります。

そうすると、高速通信容量を購入するか、翌月まで低速のまま我慢するしかありません。

 

この点、OCNモバイルONEの1日単位プランでは、スマホを使いすぎても、翌日になればまた高速通信容量が付与されますので、確実に毎日高速通信をすることができます。

 

なおかつ、使い切れなかった高速通信容量は翌日まで引き継がれますので、あまりスマホを使わなかった日があったとしても無駄にはなりません。

 

低速モード時の使い勝手が抜群に快適

OCNモバイルONEの格安SIMには、低速モード時にバースト転送という機能が付いています。

 

バースト転送機能とは、低速モード時でも、通信開始から一定量の通信だけは高速通信ができるという機能です。

 

OCNモバイルONEの格安SIMは、このバースト転送機能が他の格安SIMよりも強力なため、低速モード時でも、テキスト中心のウェブサイトであれば、高速通信時と遜色なく使用することができます。

 

また、低速モード時の通信速度自体も、公称では200kbpsとなっていますが、実際には、230~280kbps程度の通信速度が出るため、動画視聴をすることも不可能ではありません。

 

www.mobile2018.info

www.mobile2018.info

 

エントリーパッケージを手に入れやすい

格安SIMを使い始めるときには、通常手数料等により3000円程度の料金が別にかかります。

 

OCNモバイルONEは、その手数料が無料になるエントリーパッケージを、ネット等でスマホ端末を購入する際に、サービスで自動的に付けられていることが多く、非常に手に入れやすいです。もし付いていない場合でも、Amazonやヤフーオークションで安く簡単に手に入ります。

解約しやすい

格安SIMを解約するときに、会社によっては電話でしか解約を受け付けていないところがあります。

 

私も以前電話で格安SIMを解約したことがありますが、多くの場合、すぐに電話はつながらず、オペレータの方につながるまで長時間待たされました。

その挙句、アンケートと称して、解約理由などいろいろと聞かれ、解約するために面倒な思いをしました。

 

この点、OCNモバイルONEは、ホームページから解約することができますので、電話により煩わしい思いをすることはありません。

 

また、OCNモバイルONEは、最低利用期間がデータ通信SIMではありません。

データ通信SIMならいつ解約しても違約金がかかりません。

 

さらに、音声対応SIMでも最低利用期間が6ヶ月間と他社よりも短くなっています。

他社では12か月というのが多いので、OCNモバイルONEはその半分ということになります。

少し使ってみて、自分には合わないと思ったら解約するということも可能です。