LINEモバイルのスピードテスト【ソフトバンク回線】

SPONSORED LINK

先日申し込みをしていたLINEモバイルから、本日SIMカードが到着しました。

提供を開始したばかりのソフトバンク回線の音声通話SIMです。

 

早速、使っていないSIMフリーのスマホにセットし、初期設定を済ませてスピートテストを行ってみました。

提供を開始したばかりの回線ですし、本日は休日で特に混み合っている時間帯ではありませんので、良い結果が出ることは約束されたようなものですが、ワクワクとしながらテストしてみました。 

www.mobile2018.info

www.mobile2018.info

 

スピードテストの結果は次のとおりです。

少しだけ時間を置いて、2回テストしてみました。2つともLINEモバイルのテスト結果です。

f:id:kakuyasusim2018:20180805154919j:plain

LINEモバイルのスピードテスト結果【ソフトバンク回線】

 やはり良い結果ですね。

PING値は表示できていませんが、それぞれ30台と50台でしたので、PING値も良好ですね。

とりあえずは合格点です。

 

問題は、今後利用者が増加した後の通信速度と、一番回線が混雑する時間帯である平日のお昼の通信速度がどうか、ということだと思います。

 

LINEモバイルでドコモ回線の提供が開始された当初も、しばらくは非常に良い通信速度が出ていましたが、徐々に利用者が増加していった後は、他の格安SIMと同程度の通信速度に落ち着いてしまいました。

今回のソフトバンク回線の通信速度も、ドコモ回線提供時と同様の結果になってしまうのか、それともソフトバンクの傘下に入ったことにより、このまま良い通信速度が維持されるのか、今後も引き続き通信速度をテストして見たいと思います。

 

なお、今回のスピードテストは、高速通信で行った結果です。

高速通信容量が無くなった後の低速モードの速度がどうなっているかは、今後残量が無くなった後に実験してみたいと思います。高速と低速の切替スイッチが無いのが残念です。

LINEモバイルのSIMは、バースト転送機能がありませんので、低速モード時の通信速度がイマイチだと致命的になりかねません。