【UQモバイル】通信速度重視の格安SIM

SPONSORED LINK

格安SIMを選ぶ際に、一番重視することは何でしょうか?

 

月額料金、様々なオプションサービスなど、いろいろな基準があると思いますが、多くの人が1番気にするポイントは、通信速度ではないでしょうか。

 

格安SIMが、ドコモやAUやソフトバンクなどのキャリアに対し、決定的に負けているポイントでもあります。

 

その通信速度が、キャリアと同等ないし、時によってはキャリアよりも早いと評判の格安SIMがUQモバイルです。

 

誰もが1度はテレビCMを見たことがあるであろう、深キョンがCMモデルをしている、あの格安SIMです。

 

私もメインで使用しているスマホは、UQモバイルの格安SIMを入れて使用しています。

f:id:kakuyasusim2018:20180819023959j:plain

UQモバイルとは?

UQモバイルとは、AUと同じKDDIの子会社が運営している格安SIMです。

 

通信速度No.1

UQモバイルは、KDDIの子会社が運営しているせいか、他の格安SIMとは異なり、通信速度が段違いで安定しています。

 

通常、格安SIMは、スマホの利用者が集中する、お昼時間や夕方の時間帯は回線が混雑し、通信速度が著しく低下します。

 

具体的に言うと、お昼時間になると1Mbpsの通信速度も出ないような格安SIMがほとんどです。

 

1番使いたい時にも関わらず、通信速度が低下して、サイトの表示に時間がかかっているとイライラしてしまいますよね。

 

そんな格安SIMが多い中、UQモバイルは、お昼時間でもキャリアと変わらず確実に数Mbps程度の通信速度は出ますので、通信速度が低下して困ることはまずありません。

 

もしかすると、KDDIの子会社ですので、他社とは違い優遇されているのかもしれません。

 

試しに、この記事を書いている7月29日夜10時頃にスピードテストをしてみたところ、下りで約23Mbpsの通信速度が出ました。相変わらず快適です^^。

f:id:kakuyasusim2018:20180729222449j:plain

UQモバイルの注意点

UQモバイルの格安SIMは、AU回線を使用しています。

 

AU回線を使用している格安SIMは、ドコモ回線を使用している格安SIMと異なり、SIMカードに色々な種類があり、ややこしくなっています。

 

UQモバイルのホームページの格安SIMの製品一覧を見ると、①LTE用microSIM、②LTE用nanoSIM、③Volt用マルチSIMがあり、普通の人は、「自分が使っているスマホ端末で使用するためには、どれを選んだら良いの?」となってしまうと思います。

 

さらに、UQモバイルのSIMカードは、スマホ端末との相性があり、全てのスマホ端末で使用できるという訳ではありません。動作確認端末一覧に載っていれば良いのですが、全てのスマホ端末の動作確認をしている訳ではありませんので、掲載されていないスマホ端末では使用できない可能性があり、一か八かのギャンブルということになってしまいます。

 

このような注意点があるUQモバイルですので、SIMカードだけ契約する場合には、事前に綿密な下調べなどを行い、自分のスマホ端末で使用できるのか確認することが必要です。

 

端末とセットで購入が安心

f:id:kakuyasusim2018:20180818222208j:plain

SIMカードだけで契約するのは、上記の注意点で述べたように、格安SIM初心者にはなかなかハードルが高いですので、UQモバイルの通信速度を享受したい場合は、UQモバイルでセット販売されている端末と一緒に契約するをするのが1番簡単で安心です。

 

スマホ本体代込コミコミで月額1980円〜となっていますし、おしゃべりプラン・ぴったりプランという、無料通話が付いたプランも提供されていますので、格安SIMを初めて利用する方にも安心感があるのではないでしょうか。