格安SIM

【通話時間別】『電話かけ放題オプション』格安SIM最安値ランキング【2020年最新版】

f:id:kakuyasusim2018:20180818010748j:plain

格安SIMで心配なことの1つに通話料の問題があります。

格安SIMでは、基本的に電話をすればするほど通話料がかかってしまいます。

そのため、たくさん電話をする人は格安SIMに変更すると通話料が高額になってしまう可能性があるからです。

 

そんなときに使いたいのが『電話かけ放題オプション』

その名のとおり電話がかけ放題になるオプションサービスです。

かけ放題オプションに加入しておけば安心して格安SIMでも電話をたくさん使うことができます。

そこで、電話かけ放題オプションを提供している格安SIMを、安い順にランキングにしてみました。

なお、全ての格安SIMを網羅しているものではありません。メジャーな大手格安SIMのみの紹介です。

メジャーな大手格安SIMであれば、充実したサポートや安定的なサービスの提供が期待できます。

 

もくじ

電話かけ放題オプションの種類

電話かけ放題オプションは1種類だけではありません。

かけ放題となる時間に違いがあったり、特定の相手だけかけ放題となったりと色々な種類があります。

基本的にかけ放題となる時間が長い方がオプション料金も高くなります。

もっとも、現在提供されているかけ放題オプションのほとんどは『10分かけ放題オプション』が主流です。

ほぼ格安SIM各社が横並びでサービス提供されています。

 

【時間無制限】かけ放題オプションランキング

まずは、回数・時間無制限で、電話かけ放題となるオプションを提供している格安SIMです。

このオプションを提供している格安SIMは2つだけです。

 

1位:ワイモバイル 2980円(高速データ通信量2GB)

ワイモバイル

【公式サイト】https://www.ymobile.jp

  • 「スマホプランS」1980円(2年目以降2980円)
  • 「スーパーだれとでも定額」オプション1000円

通話時間無制限のかけ放題オプションがある格安SIMはワイモバイルだけです。

合計2980円で電話が誰とでも完全かけ放題になります。

ワイモバイルの詳細を見る

 

2位:UQモバイル 3680円(高速データ通信量3GB)

UQモバイルかけ放題

  • 「スマホプランS」1980円
  • 「かけ放題(24時間いつでも)」1700円

UQモバイルでは、2019年12月18日から新たに完全かけ放題オプションの提供が開始しました。

ただ、月額利用料はそれほど安くはありません。大手キャリアに比べれば安いですが、格安SIMとしては高めの料金設定です。

UQモバイルのメリットとしては、①高速データ通信量が月3GBと多めであること、②契約解除料無しでいつでも解約ができること、③低速通信時(節約モード時)の通信速度が300kbpsと他よりも速いこと、が挙げられます。

なお、2台目以降の契約なら500円割引になります。

UQモバイルの詳細を見る

 

【10分間】かけ放題オプションランキング

f:id:kakuyasusim2018:20180818221907j:plain

10分間までの電話であれば回数無制限で電話がかけ放題となるオプションを提供している格安SIMです。

10分間の通話ができれば、ほぼ日常全ての用事の電話を済ませることができるでしょう。

現在提供されている格安SIMの電話かけ放題オプションは、主にこの10分間かけ放題オプションが中心です。

 

1位:イオンモバイル 1980円(高速データ通信量500MB)

イオンモバイル

【公式サイト】http://aeonmobile.jp/

  • 「音声500MBプラン」1130円
  • 「イオンでんわ10分かけ放題」オプション850円

イオンモバイルの格安SIMが10分かけ放題オプションで最安値です。

ただし、高速データ通信量はたった500MBしかありませんので、高速でのデータ通信は基本的に期待できません。WIFIを上手に利用する必要があります。

イオンモバイルの詳細を見る

 

2位:DMMモバイル 1990円(高速データ通信量ゼロ)

DMMモバイル

【公式サイト】https://mvno.dmm.com/

  • 「通話対応SIMプラン(ライト)」1140円
  • 「10分かけ放題」オプション850円

2019年9月1日から楽天モバイルに吸収されることになったため、新規申込みの受付は終了しています。

DMMモバイルの詳細を見る

 

3位:DTI SIM 2020円(高速データ通信量1GB)

DTI sim

【公式サイト】https://dream.jp/mb/sim/

  • 「音声プラン」1200円
  • 「おとくコール10」オプション820円

10分電話かけ放題オプションを付けても月額2020円でスマホが使えます。

高速データ通信量も1GBありますので、あまりインターネットを使わない人ならデータ量も足りるでしょう。高速データ通信量がもう少し欲しい場合は、高速データ通信量3GBを選んでも月額2310円で使えます。

なお、利用開始月から6か月間は、790円割引の1520円で利用することが出来ます。

DTI SIMの詳細を見る

 

4位:OCNモバイルONE 2030円(高速データ通信量1GB)

【公式サイト】https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

  • 「1GB/月コース」1180円
  • 「10分かけ放題オプション」850円

2019年11月20日から開始した新料金プランを記念して、10分かけ放題オプションが12か月間300円で利用できるキャンペーン中です。

さらに、OCNモバイルONEなら大幅割引で人気のスマホが購入できます。

参考人気のスマホを安く購入する方法|タイミングによっては96%OFFも!

OCNモバイルONEの詳細を見る

 

5位:LINEモバイル 2080円(高速データ通信量1GB)

LINEモバイル

【公式サイト】https://mobile.line.me/

  • 「LINEフリープラン(音声通話SIM)」1200円
  • 「10分電話かけ放題」オプション880円

LINEモバイルの詳細を見る

 

6位:楽天モバイル 2100円(高速データ通信量ゼロ)

楽天モバイル

【公式サイト】https://mobile.rakuten.co.jp/

  • 「ベーシックプラン(通話SIM)」1250円
  • 「楽天でんわ10分かけ放題」オプション850円

楽天モバイルの詳細を見る

 

7位:mineo 2160円(高速データ通信量500MB)

mineo(マイネオ)

【公式サイト】https://mineo.jp/

  • 「AUプラン(デュアルタイプ500MB)」1310円
  • 「mineoでんわ10分かけ放題」オプション850円

mineoの詳細を見る

 

番外編:楽天モバイル スーパーホーダイ 1480円(高速データ通信量2GB)

【公式サイト】https://mobile.rakuten.co.jp/

少し変わったプランで、楽天モバイルの「スーパーホーダイ(プランS)」があります。

楽天会員が3年契約をした場合、最初の1年間は月額1480円で、それ以降は月額2980円となります。

1年間使用した場合の月額利用料は当然最安値。2年間使用した場合でも1か月平均2230円とかなり割安になります。

【計算】

  • 最初の1年間:1480円×12ヶ月=1万7760円
  • 2年目:2980円×12ヶ月=3万5760円
  • 2年間合計:5万3520円
  • 1ヶ月平均:5万3520円÷24ヶ月=2230円

また、楽天会員のダイヤモンド会員であれば、1年目はさらに月額500円安くなり、月額980円で利用することができるので、もっとお得になります。

さらに、スーパーホーダイなら、高速データ通信量を使い切った後でも、通信速度最大1Mbpsでデータ通信使い放題です。 これだけの通信速度があれば動画視聴も可能です。多くの格安SIMが高速データ通信量を使い切った後の通信速度が200kbpsであることからすると、データ通信の通信速度の面でもズバ抜けて高速になります。攻守ともにバランスの良い格安SIMです。

楽天会員であれば最もオススメの格安SIMになります。

楽天モバイルの詳細を見る

【5分間】かけ放題オプションランキング

f:id:kakuyasusim2018:20180818010743j:plain

5分間までの電話であれば回数無制限で電話がかけ放題となるオプションを提供している格安SIMです。

5分間の電話ができれば、日常の用事の電話程度であれば済ませることができるでしょう。

 

なお、5分間という通話時間は、以前は電話かけ放題オプションの主流でしたが、現在では通話時間が引き上げられ、10分間かけ放題が主流になっています。

そのため、今ではほとんど提供されていません。

 

1位:UQモバイル 1980円(高速データ通信量2GB)

  • 「おしゃべりプランS」1年間1980円、2年目以降2980円

UQモバイルの詳細を見る

UQモバイルのおしゃべりプランはサービス提供が終了しました。現在では申込できません。

【3分間】かけ放題オプションランキング

f:id:kakuyasusim2018:20180818010740j:plain

3分間までの電話であれば回数無制限で電話がかけ放題となるオプションを提供している格安SIMです。

1回3分間というとすごく短く感じますが、国で出している統計によると通話1回あたりの平均通話時間は3分未満ですので、日常のだいたいの用事の電話は済ませることができるでしょう。

3分間かけ放題オプションも、5分間かけ放題と同様、ほとんど提供されていません。

時間が短いからと言って特別に安いわけではないので、正直オススメはできません。10分かけ放題オプションを提供している格安SIMを使った方が良いでしょう。

 

1位:BIGLOBEモバイル 2000円(高速データ通信量ゼロ)

ビッグローブかけ放題

【公式サイト】https://join.biglobe.ne.jp/

  • 「音声通話スタートプラン」1400円
  • 「BIGLOBEでんわ3分かけ放題」オプション600円

BIGLOBEモバイルの詳細を見る

 

2位:IIJmio 2200円(高速データ通信量3GB)

IIJ mio

【公式サイト】https://www.iijmio.jp/

  • 「ミニマムスタートプラン(音声通話機能付きSIM)」1600円
  • 3分間かけ放題オプション600円

IIJ mioの詳細を見る

 

電話とデータ通信と月額料金 総合的なバランスを考えると『楽天モバイルのスーパーホーダイ』がおすすめ

f:id:kakuyasusim2018:20180818221636j:plain

以上、かけ放題オプション付きの格安SIMを値段のみでランキングしてみました。

格安SIMの選択には、高速データ通信容量や通信速度なども含めて総合的に考える必要があります。

 

電話かけ放題オプションを付けるのであれば、値段以外の要素も含めて総合的にオススメなのが「楽天モバイルのスーパーホーダイ」です。

料金、高速データ通信量、通信速度などの総合的なバランスを考えると欠点がありません。

楽天モバイルの詳細を見る

-格安SIM
-, , , , , , , , ,

Copyright© 格安スマホ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.