【格安スマホ入門】クレジットカード無しで契約できる格安スマホ

SPONSORED LINK

格安スマホの料金の支払いはどうやってするのですか?

多くの格安スマホでは、料金の支払方法はクレジットカード払いになっています。

じゃあ、クレジットカードがないと格安スマホは契約できないの?

そんなことはありません。クレジットカード以外で支払いができる格安SIMもあります。

 

格安スマホの料金の支払方法は、多くの会社でクレジットカード払いとなっています。

しかし、一部クレジットカード払い以外にも対応している格安スマホがあります。

クレジットカード以外の支払方法としては、口座振替、デビットカード払い、その他(チャージ式カード払いなど)があります。

 

口座振替可能な格安SIM

OCN モバイル ONE

【回線】ドコモ

【振替手数料】無料

【注意事項】

カスタマーズフロントへ電話連絡をしたうえで、書面により申込をしないといけない。

開始まで3週間程度時間がかかる。

 

楽天モバイル

【回線】ドコモ

【振替手数料】月100円

 

BIGLOBEモバイル

【回線】ドコモ/AU

【振替手数料】1回200円

【注意事項】データ通信SIMのみ

UQモバイル

【回線】AU

【振替手数料】無料

 

デビットカード払いができる格安SIM

デビットカードとは、買い物などの支払いに使えるカードのことです。

クレジットカードとの違いは、登録している預金口座から即時に支払いがされるところにあります。そのため、預貯金口座の残高以上の使用はすることができません。

メリットとしては、クレジットカードと異なり、カード発行の審査がないということが挙げられます。

 

格安スマホを契約する際に、デビットカード払いができると明記されている格安スマホはほとんどありません。

しかし、だからといってデビットカードが使えないという訳でもないようです。

一部の格安スマホでは、クレジットカードの代わりにデビットカードの情報を入力すると支払いに使用できる格安SIMも存在するようです。

格安スマホの申込前に、サポートに連絡してデビットカードの使用の可否を確認すると良いでしょう。

 

楽天モバイル

唯一デビットカード払いができると明記されている格安SIMです。

楽天モバイルのサイトによれば、「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」が支払いに使用できるようです。

【回線】ドコモ

【手数料】無料

 

その他(チャージ式カード払いなど)

楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天ポイントで楽天モバイルの利用料を支払うことができます。

しかし、申込時は、クレジットカード払いとして申し込まなければなりません。

そのため、申込時にはクレジットカードが必要となります。

 

LINEモバイル

LINEモバイルは、LINE Payカードによる支払いが可能です。

LINE Payカードとは

加盟店での支払いに使用できるプリペイド式のカードです。

作成に年齢制限や審査はないため、誰でも持つことができます。

LINE Payカードが使えるお店は、JCB加盟店約3300万店舗ですので、クレジットカードが使用できるお店では基本的に使用できると考えられます。

カードへのチャージは、銀行口座やコンビニでチャージができます。

【回線】ドコモ/ソフトバンク

【手数料】無料

 

クレジットカード払い以外のデメリット

手数料がかかる場合がある

口座振替の場合、上記のとおり手数料がかかる格安SIMがあります。

数百円程度の金額ですが、せっかく格安SIMを使用するのにもったいない金額です。

 

使用開始まで時間がかかる場合がある

OCN モバイル ONEは、申込前にカスタマーフロントに電話連絡をしたうえで、書面により郵送申込みをすることになるため、格安SIMの使用開始まで3週間程度の時間がかかります。

 

クレジットカードのポイントが付かない

今のクレジットカードは、クレジットカード払いをすると、利用料金に応じてポイントが付くものが多くあります。通常貯まったポイントは、ショッピングに使えたり、金券などの商品に交換できますので、現金で支払うよりもお得なことが多くあります。

 

格安スマホの申込みはクレジットカードがオススメ

結局、格安スマホの申込みは、クレジットカードが使えるのであれば、クレジットカード払いで申込むのが1番オススメです。

もし、クレジットカード払いが使用できないときは、UQモバイルが1番デメリットがなくオススメになります。