【格安スマホ入門】格安スマホはどうしてこんなに安いの?

SPONSORED LINK

f:id:kakuyasusim2018:20181113233511j:plain

格安スマホってどうしてこんなに安いんですか?
なんかアヤシイんじゃないですか?

何も怪しいことはありません。
3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)から回線を借りて提供しているから安くできるんです。

格安スマホってやたらと安いですよね。

 

3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)でスマホを契約すると、一番安いプランを選んでも5000円程度はかかります。

それに対し、格安スマホにすると、安いものでは1000円程度から利用できるものもあります。

 

その差は4000円です。

4000円もあったら、ちょっと豪華なランチを3回くらいは食べられます。私の1週間の昼食代と同じです。

3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)で契約するプランによっては、その差はもっと広がります。

 

では、どうして格安スマホはこんなに安く使えるのでしょうか。

 

何も怪しいことをしている訳ではありません。

格安スマホ会社が、3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)から通信回線を借りて提供しているから安いんです。

 

スマホそのまま安くなるmineo!月額基本料金1,310円(税抜)~

格安スマホが安い理由

格安スマホ会社は、3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)から通信回線を借り入れて、私たちに格安スマホを提供しています。

 

通信回線を借り入れて提供するとどうして安くできるかというと、格安スマホ会社が自社で通信設備を持つ必要がないからです。

 

通常、日本全国で通信できるような通信回線を提供するためには、全国各地に電波を送受信するための基地局を設置しなければなりません。

基地局を設置した後は、その基地局を管理していく必要もあります。

そのためには、膨大な設備投資、管理費用が必要となります。

 

3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)はそれだけの費用をかけて通信回線を提供しています。

 

それに対し、格安スマホ会社は、その3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)から通信回線を借りることによって、格安スマホを提供しています。

3大キャリア → 格安スマホ会社 → 利用者

3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)が膨大な費用をかけて作り上げた通信設備を、格安スマホ会社は自社で所有する必要がないのです。

そのため、圧倒的に安く提供できるのです。

格安スマホの通信可能エリア

それじゃあ、格安スマホでも電波が届くエリアは3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)と同じなの?

そうです。通信可能エリアは3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)と同じです。格安だからといって違いはありません。

 

格安スマホは、3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)から通信回線を借りているので、通信可能エリア自体は同じです。

格安スマホだからといって、通信エリアが狭いなどということはありません。

格安スマホのデメリット

f:id:kakuyasusim2018:20181113232918j:plain

じゃあ、格安スマホと3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)に違いはないの?

「通信速度」や「速度の安定性」に違いがあります。

 

3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)は自社の通信設備を持っていますので、その通信設備を自由に使って、大量かつ高速に通信することができます。

しかし、格安スマホは、3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)の通信回線の一部を借りているだけなので、借りた範囲でしか通信できません。

 

イメージとしては、太い水道管(3大キャリア)から、細い水道管(格安スマホ会社)を分岐させて水を流しているような感じです。

細い水道管だと大量に水を流すことができません。また、利用者が増えると、水圧は下がってしまいます。

 

格安スマホもそれと同じです。

同じタイミングでみんながスマホを利用すると、回線が混雑して通信速度は下がります。

そのため、格安スマホは、スマホ利用者が集中する平日12時台や夕方の時間帯は通信速度が極端に低下します。

 

借りている水道管の太さは、格安スマホ会社によって異なります。

その水道管の太さと利用者の多さによって通信速度が変わってきます。

細い水道管に大量の利用者を押し込んでいる格安スマホ会社もあれば、快適に利用できるよう水道管の太さと利用者の数のバランスをとっている会社もあります。

 

通常は、提供を開始したばかりの格安スマホであれば、最初は利用者が少ないので非常に高速な通信速度が出るのが普通です。

重要なのはその後です。利用者が増加してから、どのくらい通信速度が維持されるのか、その点が良い格安スマホ会社と悪い格安スマホ会社の見極めポイントです。

 

スマホそのまま安くなるmineo!月額基本料金1,310円(税抜)~

長期間、通信速度が高速で安定している良い格安スマホ会社

f:id:kakuyasusim2018:20181113232915j:plain

長期間、通信速度が高速でかつ安定している格安スマホ会社は、UQモバイルです。

格安スマホにとっては鬼門の時間である平日12時台の時間帯でも、数Mbpsの通信速度が出ます。

 

この平日12時台の時間帯は、学生や会社員の昼休憩時間であり、スマホの利用が集中するため、回線が混雑し通信速度が極端に低下します。

他の格安スマホ会社では、1Mbpsの通信速度も出ないことがザラにあります。

それにも関わらず、UQモバイルはサービス提供時から現在まで、安定して高速通信が可能となっています。

私もメインのスマホには、UQモバイルの格安スマホを利用しています。

 

UQモバイルの公式サイトはこちらから⇒UQモバイル