【お風呂でテレビ視聴】オススメ格安防水タブレット【Qua tabシリーズ】

SPONSORED LINK

最終更新日:2018年12月17日

 

お風呂でテレビが見たいな。防水テレビは高いし、お手軽に何とかならないかな。

 

こんな人のための記事です。

オススメなのは防水機能があるタブレットを使う方法です。

 


 

防水機能があるスマホで見ることもできますが、スマホだとどうしても画面が小さいですよね。

お風呂のフチに乗せても遠くて画面がほとんど見えません。

 

どうせなら大きい画面で快適にテレビを見たいものです。

 

そこで候補に挙がるのが、防水機能があるタブレットです。

オススメのタブレットは、ズバリAUから発売されている「Qua tab」シリーズです。

 

「Qua tab」シリーズは、防水機能があるタブレットの中でも非常に安価で、テレビを視聴するにも十分な性能があります。

 

 

「Qua tab」とは

「Qua tab」とは、AUから発売されているタブレットです。

 

「Qua tab」シリーズの種類

「Qua tab」は、今のところ次の6種類が発売されています。下に行くほど新しく発売された機種です。

 

種類 画面サイズ 防水性能
Qua tab 01 8インチ IPX7
Qua tab 02 10.1インチ 防水性能なし
Qua tab PX 8インチ IPX7
Qua tab PZ 10.1インチ IPX7
Qua tab QZ8 8インチ IPX8
Qua tab QZ10 10.1インチ IPX8

 

防水性能の基準

防水性能には、性能によりいくつかのレベルがあります。

お風呂で使用するのであれば、レベルでいうと「IPX7」「IPX8」のいずれかの防水性能が欲しいところです。数字が大きくなるほど防水性能が高いことになります。

 

ちなみに、それぞれどれくらいの防水性能かというと、

「IPX7」
一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない

「IPX8」
継続的に水没しても内部に浸水しない

というレベルです。

 

このくらいの性能があれば、もし誤って浴槽に落としてしまっても安心です。

 

「Qua tab」がオススメな理由

防水機能があるタブレットは一般的に高価なものが多いです。

しかし、お風呂で使用するとなると、当然故障のリスクも高くなります。

 

とすると、高価なタブレットをお風呂で使用するのはオススメできません。

 

お風呂で使うのであれば、壊れてしまっても諦めがつく程度の安価なタブレットを使うことをオススメします。

性能も、お風呂でテレビや動画サービスが視聴できれば良い程度ですので、最先端の性能はいりません。

 

「Qua tab」は、安いものでは1万円以下から購入でき、お風呂でテレビや動画サービスを視聴するのに十分な性能があるタブレットです。

1万円程度であれば、もしお風呂での使用によりタブレットが壊れてしまっても、諦めがつくのではないでしょうか。

 

「Qua tab」の購入方法

Qua tabをAUから直接購入する方法もあると思いますが、AUで購入すると、必ずデータ通信SIMカードも契約することが必要になり、毎月の通信費がかかってしまいます。

 

そこで、タブレット端末のみを、Amazonやヤフオクなどから購入することをオススメします。

Amazonやヤフオクで販売されているQua tabは、もともとはAUで購入されたものが、中古や未使用品として再売買されているものです。

AUで買うよりも格安で手に入れることができます。

 

オススメは、 画面小さめの8インチで良いなら「Qua tab PX」、画面が大きめの10インチが良いなら「Qua tab PZ」がオススメです。

いずれも現在なら1万5000円程度で購入できます。

タイミングによっては、1万円程度で購入できることもあります。

また、赤ロムであればさらに安くなっていることも。

 

「Qua tab PX」はこれで↓

 

「Qua tab PZ」はこれ↓

 

「Qua tab」の使用方法

Amazonやヤフオクで購入したQua tabには、SIMロックというロックが通常かけられていると思います。

 

【SIMロックとは】
キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンクなど)で発売されているスマホやタブレット端末には、他のキャリアのSIMカードを入れても通信ができないように制限がかけられています。この制限のことをSIMロックと呼びます。

 

そのため、売主がSIMロックを解除した後に売りに出していない限り、Qua tabにSIMカードを入れてデータ通信することはできません。

 

もっとも、WIFIに接続してデータ通信をすることは可能ですので、お風呂で使用する限りは、SIMロックがかかっていても問題ありません。

また、いわゆる赤ロムと呼ばれる、ネットワーク使用制限がかけられているタブレットでもWIFIでデータ通信する分には問題ありません。

むしろ、赤ロムの方が圧倒的に安く購入できますので、お風呂で使用するだけであれば、通常敬遠されがちな赤ロム狙いで購入するのもアリだと思います。

 

「Qua tab」と一緒に購入すると良いもの

お風呂でタブレットを使用する際にあると良いものが、防水Bluetoothスピーカーです。

 

タブレット本体のスピーカーを使用しても良いのですが、お風呂で使用すると音が反響して聞きづらいことが多くあります。かといって、音量を大きくすると近所迷惑も気になります。

そのため、タブレットは正面壁際に設置、Bluetoothスピーカーを顔付近に設置してテレビ視聴するのがオススメです。

 

防水スピーカーは、お風呂でのテレビ視聴のほかに音楽再生にもオススメです。安いものでは1500円程度からありますので、Bluetoothスピーカーがどんなものか、気軽に試してみても良いと思います。

 

ちょっと高くても良いのなら「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」

ちょっと高くても良いのなら、「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」という防水タブレットがあります。

 

今だと3万円くらいしますが、「Qua tab」よりも基本性能が良いです。

 

 

 

私の使い方(Qua tab 01)

 私は「Qua tab 01」を使ってお風呂でテレビを見ています。

もう1年以上使用しており、多少バッテリーがヘタってきていますが、まだまだ現役です。

 

コレです↓

f:id:kakuyasusim2018:20181217003632j:plain

 

私は、コレの裏面にダイソーで買った強力マグネットを両面テープで貼り付けて、お風呂の壁にくっつけてテレビを見ています。

たまたまお風呂の壁が磁石がくっついたので、簡単に取り付けできました。

 

タブレットの裏面はこんな感じです↓

f:id:kakuyasusim2018:20181217003629j:plain

 

ちょっと横から見るとこんな感じです↓

f:id:kakuyasusim2018:20181217003627j:plain

 

ちなみに磁石はダイソーで4個100円で売っているネオジウム磁石という超強力磁石です。

笑っちゃうくらい強力です。落下が心配なので4隅に1つずつ磁石を貼り付けていますが、たぶん2個でも大丈夫な気がします。

超強力でいろいろと使い勝手が良いです。

Amazonではダイソーよりも安く大量に購入できます。

 

 

この磁石を超強力両面テープで貼り付けています。

 

 

お風呂の壁に貼り付けるとこんな感じになります↓

f:id:kakuyasusim2018:20181217003624j:plain

 

この状態で、防水スピーカーをBluetooth接続して使っています。

 

主に視聴しているのは、「Amazonプライムビデオ」と「U-NEXT」

どちらもたくさんのアニメやドラマや映画が視聴できます。

映画を見ていると、ついつい2時間以上お風呂に入っていることもあります。

 

Amazonプライムビデオの公式サイトはこちら⇒Amazonプライムビデオ

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒U-NEXT

 

・ 防水タブレット

・ 防水スピーカー

・ 「Amazonプライムビデオ」「U-NEXT」

 

この3つがあると、毎日のお風呂が楽しみになります。