タブレットにこそ格安SIMがオススメな理由

SPONSORED LINK

スマホの他に、画面が大きなタブレットを使用している人も多いのではないでしょうか。

タブレットは画面が大きくて、子供に動画を見せたりするのに便利ですよね。

調べ物をするにも、スマホよりもたくさんの情報が表示出来て便利ですよね。

 

でも、

ドコモなどのキャリアで契約するタブレットって月額料金が結構高くないですか?

実は、今流行りの格安SIMは、スマホよりもタブレットにこそオススメなんです。

その理由は、格安SIMがドコモなどよりも、「低速通信時の速度が早い!」「月額料金が格安!」だからです。

格安SIMの低速通信時の通信速度

パケットを使い切ってしまった場合、低速通信しかできなくなります。

タブレットの場合、動画を視聴することも多くなりますので、当然容量不足になる可能性も多くあります。

すると、快適に利用するためには、低速通信時の通信速度が重要になります。

 

高速通信容量を使い切った後の低速通信時の通信速度は、

ドコモなどのキャリア:124kbps
多くの格安SIM:200kbps

 

なんと低速通信時の通信速度は、格安SIMの方が、ドコモなどのキャリアよりも2倍近く早い速度で通信できます。

 

低速通信時のバースト転送機能

さらに、格安SIMの中には、バースト転送という機能があるものもあります。

バースト転送機能とは、低速通信時でも、通信開始から一定量は高速通信ができるという機能です。この機能があると、低速通信時でもデータ容量が少ないウェブサイト程度であれば高速通信時と遜色なく使用することができます。

この機能があるのと無いのとでは、低速通信時の快適性が大きく異なります。

この機能が付いている格安SIMを使用すると、低速通信時でも非常に快適に使用することができます。

月額料金の違い

タブレットで使うSIMカードは、音声通話不要なため、データ通信SIMカードを契約することになります。

データ通信SIMカードは、格安SIMでは非常に安く契約できます。

ドコモを例に、月額料金を比較してみます。

ドコモのタブレット料金プラン

ドコモのタブレットの料金プランは、1番安いプランでも月額2500円かかります。

【スマホとセット】
基本データプラン:1700円
インターネット接続サービス:300円
パケットパック(シェアオプション):500円
合計2500円

【タブレットのみ】
基本データプラン:1700円
インターネット接続サービス:300円
パケットパック(ベーシックパック):2900円~
合計4900円~

 

音声通話が付いていないにもかかわらず、月額2500円~です。

また、パケットパックもシェアオプションになるので、月末前にパケットが無くなる可能性も上がります。

高いくせに使い勝手が非常に悪いです。

格安SIMの料金プラン

それに対し、格安SIMの料金プランは、1番安いプランだと月額500円くらいからあります。

その差、月2000円です。年間にするとなんと2万4000円にもなります。

2万4000円もあったら飲み会に5回くらいは行けます。

 

オススメのタブレット用格安SIM

では、タブレット用の格安SIMを契約する場合にオススメの格安SIMを紹介します。

ポイントは、「低速通信時の通信速度」「バースト転送機能」です。

 

どちらのポイントも満たしているオススメの格安SIMは、「OCNモバイルONE」です。

 

OCNモバイルONEの格安SIMは、低速通信が非常に優れています。

低速通信時でも、一部の動画サービスが視聴できました。 

OCNモバイルONEの月額料金は、

タブレットのみで使用する場合は、月額900円~です。
シェアSIMであれば、月額400円で使用できます。

 

まとめ

ドコモ、AU、ソフトバンクでタブレットを契約するのはお金がもったいないです。

タブレットを使用する場合は、月額料金も低速通信速度も優れている格安SIMがオススメです。