FUJI wifiの通信エリアはWimaxよりも断然広い!Wimaxが圏外でお困りの方へ

SPONSORED LINK

f:id:kakuyasusim2018:20181019023351j:plain

インターネットで大容量通信をしたい場合に、選択肢の一つとして考えられるのがポケットWIFIです。

なかでもWimaxの知名度がナンバーワンではないでしょうか。

 

しかし、Wimaxの利用を考えたときに一番の問題となるのが通信エリアです。

Wimaxの通信可能エリアは狭いのです!

かくいう私もその問題に悩まされた一人です。

そんな私が最終的に行き着いた先がFUJI wifiのポケットWIFIルーターでした。

Wimaxの電波が入らなくて困っている人はFUJI wifiのポケットWIFIルーターを利用してみてはいかがでしょうか。

FUJI Wifiの公式サイトはこちら⇒【FUJIWifi】

Wimaxの通信可能エリアは狭い!田舎は圏外

Wimaxの通信可能エリアはホームページで確認ができます。

www.uqwimax.jp

地図で見ると結構広いエリアで通信できるように見えます。特に都市部ではほとんど通信可能エリアのように見えます。

 

しかし、地方に行くとどうでしょう。幹線沿いは比較的通信可能エリアになっていますが、少し外れると圏外エリアがたくさんあります。田舎は圏外エリアが多いです。

また、Wimaxは通信可能エリアと表示されていても、建物の中や地形などによりピンポイントで圏外になる場所もあります。

Wimaxの電波の性質上、障害物などがあると電波が入りにくくなるのです。

 

私の自宅もWimaxの電波が入らない地域でした。

しかもその地域だけピンポイントで電波が入らないという・・・。

たった100メートル四方程度の地域だったのですがダメでした。

恐らく建物の位置関係などにより、その地域だけ電波が遮断されてしまっていたのではないかと思います。

 

通信できると思って契約したは良いが、実際には使えなかったという状態で、2年契約だったため大失敗でした。

 

FUJI Wifiの公式サイトはこちら⇒【FUJIWifi】

FUJI wifiのポケットWIFIルーターの通信可能エリア

Wimaxの通信可能エリアが上記のとおり狭いのに対し、FUJI wifiの通信可能エリアは非常に広いです。

なぜかというと、FUJI wifiの通信回線はソフトバンクと同じ回線を使用しているからです。

ソフトバンクと同じ通信回線を使っているということは、通信可能エリアもソフトバンクと同じということです。

 

ソフトバンクの通信可能エリアは次のページから確認できます。

www.softbank.jp

日常生活するエリアではまず通信可能です。山奥などに行かない限りほぼ電波が入ります。

ソフトバンクは、ドコモ・AUと並ぶ3大キャリアの一つですから当然ですね。

 

FUJI Wifiの公式サイトはこちら⇒【FUJIWifi】

FUJI wifiの通信可能エリアのまとめ

ポケットWIFIというとWimaxの知名度が高いですが、実際に使用すると地方では圏外のエリアが多く、なかなか思うようには使えないことがあります。

それに対し、FUJI wifiの通信可能エリアはソフトバンクと同じで、Wimaxに比べてとても広いです。

 

FUJI wifiには通信可能エリア以外にもWimaxよりも良い点がたくさんあります。

Wimaxが圏外でお困りの方はFUJI wifiのポケットWIFIを利用してみてはいかがでしょうか。

FUJI Wifiの公式サイトはこちら⇒【FUJIWifi】

www.mobile2018.info